やる気スイッチを高める4つの方法

気候も暖かくなり、何か始めようと

思う反面、ちょっと眠たかったり、

疲れ気味だったりしてなかなか思うように

仕事や勉強、趣味がはかどらないというかた

をテーマにどうしたら

「やる気スイッチ」が入るかを簡単に

ご紹介しようと思います。

テレビやCMでも結構目にする言葉

なんですが、やる気スイッチだけでは

いったい何のことか抽象的すぎてよくわかりませんね。

実は、人間の脳の部分の側坐核(そくざかく)から

分泌されるドーパミンという物質が大きく関わって

いて、それが大量に出れば出るほど、やる気が

起こるという仕組みになっています。

やる気スイッチ①の入れ方

自分にご褒美をあげる

さきほどの側坐核という部分は、人が動いている

ときに反応して、寝ているときなどはドーパミン

は分泌されません。パブロフの犬ではありませんが

人は何かを成し遂げた事へのご褒美があったほうが

ドーパミンがたくさん出るそうです。ですので、作業

の前にどういうご褒美にするか決めてから取り掛かれば

やる気(ドーパミン)が出て効率がよくなります。

やる気スイッチ②

自分の好きな音楽を聴きながら仕事や勉強を行う

アメリカの科学雑誌「ネイチャー・ニューロサイエンス」

で発表された論文で、音楽によってドーパミンが出る

ことが研究によって明らかになっています。

よくスポーツ選手がトレーニングをやっている時や、

本番の前に集中力を高めようとして音楽を聴いている

場面があったり、選手の入場のときに好みの音楽で

入ってきたりする場面を見かけると思いますが、

恐らく無意識のうちにやる気が出ることを本能的

に知っているからではないでしょうか?

やる気スイッチ③

ドーパミンを栄養素で摂取すること

ドーパミンの原料となるものは、たんぱく質

に含まれるアミノ酸の一種の、フェニールアラニン

、チロシンという物質ですのでたんぱく質が

豊富な食べ物を摂ると肉体的にも精神的にも

疲れをとってくれるそうです。

ではどのような食べ物が良いかというと

パルメザンチーズ、鰹節、卵白

大豆製品(豆腐、おから、納豆、煮豆)

特に大豆は脳に有効な食品とされます。

また、脳の疲労回復を助けてくれる食材は

レバー、貝類、のり、魚卵などビタミンB12

が含まれるものです。

やる気スイッチ④

瞑想を行うこと

瞑想でまさかドーパミンが出るなんてと驚かれる

でしょうが、瞑想をするとガンマ波という脳波が

増えることがわかっていて、瞑想を良く行うチベット

の僧侶は脳の前頭前野の皮質が一般の人に比べて

厚くなっているそうです。

それからお勧めの呼吸法は「4-7-8呼吸法

というもので、ワイル教授が考案したのですが

始めの4秒は息を吸い、7秒は息を止め、最後

の8秒はゆっくり息を吐いていくことによって、

鎮静効果が生まれるそうです。

以上4つの方法を、普段の生活にうまく取り入れて

みてください。

ダンスの練習をするときも、自分の気に入った

曲をかけてやると俄然やる気が出ますし、デモの

曲も気に入った曲で踊れば気分が上がりますね!

ぜひ自分の気に入った曲を見つけてみてください。

 

関連記事

PAGE TOP