血管(内皮細胞)の若返りと社交ダンス

今回は血管の若返りと動脈硬化の予防についてご紹介
していきます。

年齢とともに何かしらの病気のリスクが増えていくと思います
が、その中に動脈硬化があります。

それは動脈(血管)の中の内皮細胞に障害が起きることで
動脈硬化を引き起こしています。

引用元https://www.nhk.or.jp/

 

そのメカニズムは、血管に放出される一酸化窒素(NO)
が不足すると血管は硬化し、たくさん出れば血管は柔軟を保ちます。

よって動脈硬化を防ぐためにはNOを正常に出すことが大切
になってきます。

動脈硬化を障害させるものとして、喫煙高血糖がある場合に
血管が広がりにくくなることが分かっています。

一酸化窒素を出す薬というのもあるのですが、もっと簡単に
薬も必要としない方法があります。

それは以下の運動をするだけです。

引用元https://www.nhk.or.jp/

なんとその中に社交ダンスも含まれています!!
というのは、運動の強度に関わってくることなのですが

引用元https://www.nhk.or.jp/

少し汗ばむような中程度の運動が内皮細胞に良いそうです。
では、他の運動はどうかというと、激しい運動は逆に内皮細胞の

機能を低下させて動脈硬化を招いてしまうそうです。
なので、どんな運動でも健康になると思ったらちょっと勘違いして
しまっていることになります。

もしお年寄りのかたがエアロビクスやジョギングなんてやったらとても
危ないということは言うまでもありません。

社交ダンスを知らない方はぜひ1度体験されてみてください。
本当にちょうどい運動で皆さん何十年も継続して励まれていらっしゃいますし
皆さんとて若々しく元気に踊っています。

 

関連記事

PAGE TOP