BLOG

社交ダンスが与える影響10

社交ダンスは脳や身体にいいと最近よく言われています。
では一体どんな効果をもたらすのでしょうか?
実はこんなにたくさんのメリットがあります。

①社交ダンスは有酸素運動

長時間続けて行う運動を一般的に有酸素運動と言います。社交ダンスは、種目がたくさんあり(10種目)、スタンダードとラテンによっても運動能力が異なります。レベルに合わせて激しくしたり、ゆっくりとして簡単にしたりと色々変えられるのです。ダンスタイムが長いパーティですとかなりの運動量になりますし、長く踊り続けることができます。プロの先生とマンツーマンで真剣に踊れば汗も出ますし、けっこうな動きになります。

②手と手が触れ合うとヒーリング効果がある

社交ダンスは手と手を取り合って踊ります。フィガーによっては身体も密着させますし、接触するスポーツともいえると思います。この、触れ合うという行為。
実はものすごいパワーがあるんです。幸せホルモンと呼ばれる、オキシトシンが出てくるのです。このホルモンには、不安やストレスを軽減し、安心感や信頼度を高める働きがあるのです!心地よい触覚への刺激が脳に伝わり、視床下部からオキシトシンが放出され、脳の中にある扁桃体というところの興奮が静まります。それによって痛みが軽減したり、不眠が解消したり、血圧が下がったりするそうです。

③インナーマッスル強化で脂肪燃焼

社交ダンスは身体の中心部に近い筋肉を意識して使います。いわゆるインナーマッスルと呼ばれるところです。非常にわかりにくい筋肉ではありますが、ホールドを作るにも必要ですし、正しく美しい姿勢を作るうえでも重要な筋肉なのです。綺麗な立ち方や姿勢が出来てくると、このインナーマッスルは正しく使えていることになります。フロアーに対してしっかりと立つのにも、内側の筋肉は必要です。このインナーマッスルと鍛えていくと脂肪燃焼にも効果があると言われています。

④音楽に乗って楽しんで、ストレス発散できる

社交ダンスは種目が10種目あり、すべて曲調は違います。テンポも変わりますし、身体をリズムに合わせるだけでも気持ちがいいものです。音楽に乗って身体を動かす楽しさを味わうと病みつきになります。ラテン系の曲は明るく楽しい曲がいっぱいです。ただ聞いているだけでも元気が出てきますし、音に合わせてバッチリ踊れればストレス発散にもなります。

⑤足を鍛えられる

足って、本当に大事な場所ですよね。股関節や大きな太ももの筋肉は身体を支える要のようなものですし、ふくらはぎは心臓に血液を送るポンプのようなものです。また足は第二の心臓といわれています。心臓に血を送る大切な役目の足には、適度な筋肉も必要なんです。しっかりとポンプの役割が行われていれば、体中の血液循環を良くしてくれるからです。社交ダンスは下半身をとてもよく使います。いろんなフィガーを踏むので、種目にもよりますが、鍛えられる筋肉の部位も様々です。スタンダード、ラテンと両方踊れば足はかなり鍛えられますよ。

⑥脳を活性化する

2003年にアメリカの医学誌に発表されたアルバートアインシュタイン医大の臨床実験の論文は世界的にも有名です。これは色々なスポーツ、読書やゲーム、ウォーキング、楽器演奏などを被験者たちにやってもらいどれが一番、認知症の発症が少なかったかを調べたものです。社交ダンスをやっていたグループが一番認知症の発症率が少なかったそうです。さらに人と触れ合い、男女の関わり合い、頭も使って、コミュニケーション能力も発達するので、一石二鳥どころか、三鳥、四鳥もなるのではないかと思います。

⑦ドーパミンが放出される

高揚感や快感を得た時に放出される、ドーパミンが脳を活性化すると言われています。ドーパミンとは、神経伝達物質で快感や多幸感を得る、意欲を感じたり、運動調節に関連したり、精神面を調節する機能を担う脳内ホルモンのこと。
ちなみにパーキンソン症候群は、ドーパミン不足によって起こる認知症です。
ドーパミンが出ない、または少ない生活をしていると、こんな症状が出るそうです。・気分のむらが出る・絶望感を感じる・疲労感・集中力の欠如・記憶力の低下・やる気が起きない・喜びを感じられないなど。
社交ダンスでドーパミンをたくさん放出させてあげましょう。

⑧反射神経を養える

社交ダンスは色々な動きをします。相手に合わすことも要求されますし、ゆっくりな動きから、急に非常に素早い動きをすることもあります。
ですから反射神経はとてもよくなります。
日頃から反射神経が良ければ転ぶこともなくなります。

⑨記憶力や判断力を鍛えられる

自分がどのように動かなくてはならないか、相手とのタイミングや距離感、音の取り方、周りの人との程よい距離感を考えて踊ったり、社交ダンスは様々なことを常に考えています。もちろん覚えるフィガーは山ほどありますので、いつも脳を鍛えているといってもいいでしょう。一曲分の振り付けをすべて覚えてカウントも言えるようになるには、頭と体のトレーニングで労力もいります。

⑩アンチエイジング

人に見られる意識を持つことは、奇麗になる大事な要素です。大きな鏡の前で自分の姿勢やポーズなどを観察することで今の状態がよくわかります。体系維持にもつながりますね。幸せホルモンやドーパミンなど身体にいい脳内ホルモンが出ることによって、身体はどんどん若返ります。男女ペアで踊りますので、
ドキドキしたり、恋をしたり、おしゃれを楽しめたりするので、見た目は実年齢より20歳くらい若く見える人もたくさんいます。

関連記事

PAGE TOP